にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

2016年3月18日金曜日

可と歌

すでに何度かご紹介しているように、漢字起源の時代は、神と人が渾然とした文化の時代です。
可と歌の漢字もそのように成り立ちました。

可の口は、もう何度もご紹介しているように、くちの口でなく、祝詞を入れる口(サイ)です。
可の丁は、木の枝で、そして、祝詞の入ったサイに対して、木の枝を振りかざして打ち、
神に、願いがかなうように、実現す「べし」と迫ることを表したのが『可』なのです。
また、それに対して、神が「よし」と許可するので「ゆるす」の意味が生まれました。

可を2つ上下に重ねた『哥』は、神に願いがかなうようにと、木の枝を振りかざした時に発する声とのことです。
そして、『哥』に、人が口を開いて叫んでいる姿の『欠』を加え『歌』となりました。
ですので、『哥』は『歌』の最初の字形です。

0 件のコメント:

コメントを投稿