にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

2016年3月6日日曜日

唯と雖

唯(ユイ)と雖(スイ)は両方、「隹」がついています。
隹は、「ふるどり」と呼ばれていて、鳥の象形が元になった字なのです。
また、古代では、鳥は、神意の媒介者と思われていました。

で、唯ですが、隹の前に祝詞を入れる口(サイ)が置いてある字形です。
神に祈って、その神の応答を鳥の動きによって知るのが、この「唯」なのです。
ですので、神意のことなので「しかり」という意味になりました。

一方、雖ですが、口(サイ)の下に虫が付いている形をしています。
この虫は、祝詞を入れる口(サイ)を侵す虫なのです。
つまり、唯に呪虫がついて、神意をさまたげる字形なのです。
なので、「いえども」という意味になりました。

神に対して「しかり」の唯と「いえども」の雖です。

おまけの誰
誰という字にも「隹」がついています。
鳥占いの際、自分に呪詛などが加えられているときに、
自分を呪詛しているその加害者の名前を「だれ」と問うことから誰となりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿