にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村

2016年3月8日火曜日

右と左と尋

すでに何度かご紹介しているように、漢字起源の時代は、神と人が渾然とした文化の時代です。
右と左と尋の漢字もそのように成り立ちました。

右という漢字は、神への祝詞を入れる箱である『口(サイ)』を右手でもった字形です。
左という漢字は、神を呼ぶ呪術のための道具である『工』を左手でもった字形です。

そして、尋という漢字は、実は、左右が合体した字なのです。
尋の『ヨ』と『寸』は各々左と右の手を表し、『工』『口』は、上記説明の通りです。
つまり、尋は、右手にサイ、左手に呪具を持って、神を祭るべき場所を尋ねている漢字だったのです。

ちなみに、尋は長さの単位でもあり、一尋(ひとひろ)の長さは、成人男子が両手を左右に広げた約1.8メートルです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ
にほんブログ村